google-site-verification: googled863566db3913795.html
​●New Projects 
■LDU-03a  New Line Driver の開発

●開発仕様: ①増幅回路:12AU7単管差動ラインバッファ

            12BH7SRPP ラインドライバー

                  2段増幅方式

      ②入力インピーダンス:100KΩ 

      ③ゲイン      :29dB

      ④入力ポート    :3(Stereo 2-ch) RCAコネクタ

      ⑤入力ポート    :1(Stereo 2-ch) RCAコネクタ

             

​正面イメージ
​正面イメージ(カバーオープン)
​背面イメージ(カバーオープン)
​パーツレイアウト
​12AU7単管差動回路周波数特性
​12BH7SRPP周波数特性

Under Development

■EQ-03a 6SL7GT SRPP  Phono Equalizer の開発

●開発仕様:①増幅回路:6SL7GT SRPP2段増幅無帰還方式

           ➁RIAAイコライザ:CRネットワーク

        ③対応カートリッジ:MM型カートリッジ

                出力電圧=5mV〜         

​正面イメージ
​正面イメージ(カバーオープン)
​背面イメージ(カバーオープン)
​パーツレイアウト
​CRネットワークAC伝達特性

Under Development

■Sound Treatment Series New Project

WM8805実験用基板

●S/PDIF 同軸接続ラインのトリートメントユニット開発

●開発仕様:S/PDIF 192KHz/24bit  PCM  DAI

      75Ω系同軸RCAまたはBNC接続

      USBバスパワー5V単一電源

      バスパワートリートメント回路内蔵

​      DAIデバイス Wolfson WM8805 

​●機能  :S/PDIF 信号ラインのde-Jitter/Clock Recovery

      

Under Development

​■D-03 Hybrid DA Converter の開発

​● PCM1792A+12AU7真空管方式IV変換/12AU7差動Low Pass Filter

 +差動Pre Driver

​● PCM専用のHybrid構成によるDACです 

● 基本設計が完了し製品化設計に移りました。

 

​D-03b 設計検証機完成

​●D-03b 動作確認
​●D-03b 内部レイアウト
​●D-03b 回路ブロック図
​●D-03b 製作仕様(概要)
​●D-03b 周波数特性

■ IV変換部電圧増幅回路12AU7SRPPのグリッド接地を47KΩから10KΩの接地抵抗にすること

 で、これまで高域減衰開始が5KHz近辺からであったものを20KHz近辺に移動させ、さら

 にLPF機能を持たせたことで実測80KHz(-3dB)の周波数特性を実現しました。

   後段の12AU7差動回路はもっぱら差動増幅のみを行いLPFを排除しています。

   これにより、低域も15Hz(-3dB)まで伸び、よりワイドレンジな特性となっています。

​●12AU7SRPP グリッド接地回路AC伝達特性シミュレーション
​D-03cバージョン(2号機)でVCCI適合試験実施予定

■Silent House Audio Lab.

   〒249-0004

  神奈川県逗子市沼間2-10-25

  TEL: 080-5650-8521

Copyright©2020 Silent House Audio Lab.